So-net無料ブログ作成

ママバター UVケアクリーム
前の3件 | -

日焼け止めクリーム [日焼け止め おすすめ]

日焼け止めクリームを使っている人は多いですが、塗ったら塗りっぱなしという人は結構多いのではないでしょうか。短時間の外出なら問題ありませんが、長時間外にいるのなら、2~3時間おきに塗りなおす必要があります。

日焼け止めクリームはどう頑張っても汗で流れてしまい、効き目がなくなっていきます。短時間の外出なら、効き目がなくなる前に帰ることが出来るのでよいかもしれませんが、長時間だとそうはいきません。

塗りなおすのは、確かにかなり面倒かもしれません。ですが、面倒だといって塗らないで焼けてしまうよりも、その面倒を惜しんでちゃんと塗ったほうが自分のためだと思います。塗る際は、伸ばすように丁寧に塗るようにしてください。

ママバター UVケアクリーム






nice!(1) 

日焼け止め ノンケミカル [日焼け止め おすすめ]

敏感肌で日焼け止めを選ぶのに苦労している、という方にぜひおすすめなのが「ノンケミカル」の日焼け止めです。ケミカル、化学的な物質が入っていないという事?という印象ですが、実際には「化学物質が減らされた」日焼け止め、と言えるでしょう。

一般的な日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が入っています。紫外線を肌の上で吸収する前者は、日焼け対策としては心強いのですが、時として肌自体への負担になることが多く、敏感肌の方が「日焼け止めで肌荒れしてしまう」原因とも言えます。

一方で紫外線散乱剤は肌に優しく、これのみを使ったものがノンケミカルの日焼け止めです。日焼け防止効果については一般的な日焼け止めに見劣りしないのですが、紫外線散乱剤の特徴上、やや肌になじみにくく白浮きしやすい、伸びにくいなどのデメリットもあります。

自分に合った製品をよく選び、注意して使えば敏感肌さんでも無理なく使える日焼け止めですので、ぜひお気に入りを探してみて下さい!
nice!(1) 

日焼け止め ウォータープルーフ [日焼け止め 人気]

日焼け止めを購入する際、「ウォータープルーフ仕様!」という売り文句をよく目にしますね。これはつまり、海やプールなどでの使用の際、水に入っても溶けてしまわず、日焼け止めの効果が持続する…という製品特徴です。

確かに水際レジャーなどへ行く際にはもってこいですが、少し気を付けたいポイントも。まず、何が何でも絶対に水に溶けない、ということはありませんので、泳ぐ合間にもできればまめに、数時間ごとに塗り直す必要があります。

そして、シャワーやお風呂の際には、メイク落としを利用して落とす必要があります。普通の日焼け止めならお湯で落ちる場合もありますが、そこはウォータープルーフ。洗い残して肌荒れを起こすことのないよう、注意して下さい。
nice!(0) 
前の3件 | -
SEO対策テンプレート
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ seo great banner
track feed 日焼け止め

  • SEOブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。